ゲームに適したインターネット速度と今すぐできる改善方法 – Gaming Zebra


ゲームに適したインターネット速度と今すぐできる改善方法

投稿者 : GamingZebraスタッフ on

 

オンラインゲームをプレイするゲーマーであればそのネットの速度には気をつけたいところですね。どんなに上手い人であってもインターネット速度が遅いために負ける可能性があります。では具体的にどのくらいの速度が必要なのでしょうか。

2021年現在のオンラインゲームであれば、必要な速度は結構正確に出ています。この記事を読んで、一度自分の回線速度を計測し、今後の快適なゲームプレイの手助けとなれば幸いです。

 

まずはこちらのサイトで今お使いのネット速度を計測されてみてください。

USEN GATE 02 - インターネット回線スピードテスト 

  

インターネット速度を理解する

ゲームに必要な速度(Mbps)をお話する前に、ゲーマーが考えるべきインターネット速度には4つの種類があることをお話します。それは「ダウンロード速度」、「アップロード速度」、「PING値」、および「JITTER値」です。

この4つそれぞれがオンラインゲームのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。よくプロバイダ等の謳い文句でダウンロード速度のみが記載しているものを見かけますが、それだけでは不十分なのです。

ネット回線 計測値 例

USEN GATE 02での測定例

 

4つの数値の基本

「ダウンロード速度」とは、インターネット接続によってサーバー側からデータを取得できる速度です。通常、ダウンロード速度はアップロード速度よりも高い値になります。

「アップロード速度」は逆に、ユーザーの入力などを自分のデバイスからインターネット上の他の人やサーバーに送信する速度を指します。

「PING値」とは、送信から受信開始までの時間を表すもので、タイムラグや遅延時間と言われているものです。

「JITTER値」とはPING値の振れ幅を示すもので、回線の安定性を表します。

 

これらをオンラインFPSゲームで例えると以下のようになります。

  • ダウンロード速度:キャラクターや風景、音楽や足音などのゲームデータを読み込む速度
  • アップロード速度:プレイヤーの移動や攻撃、ボイスチャットなどの情報をゲーム内に伝える速度
  • PING値:移動や攻撃を入力してから、実際のゲーム内や画面内に反映されるまでの時間、いわゆるラグ
  • JITTER値:ラグを感じる頻度

これらのゲーム処理は、このインターネット速度の問題だけではありませんが、少なからず影響を与える項目です。このどれも特にオンラインの対戦ゲームには欠かせない要素であり、ゲームの勝敗に影響を与えるものなのです。

 

4つの単位

通常、ダウンロード速度とアップロード速度には「Mbps」が、PING値とJITTER値には「ms」という単位が使われます。

「Mbps(メガビーピーエス)」は「メガビット パー セカンド」から取られた言葉で「1秒あたりにダウンロード(アップロード)されるメガビット(Mb)」というデータ量の単位です。ちなみに「Mb(メガビット)」は保存容量やデータ量を表す「MB(メガバイト)」とは異なります。換算すると「1MB」=「8Mb」、「1Mb」=「0.125MB」となりますのでご注意ください。

「ms」は「ミリ セカンド」から取られた言葉で「1000分の1秒(0.001秒)」という時間の単位です。例えば「100ms」は「0.1秒」という意味になります。

 

理想的なインターネット速度とは?

2021年現在、一般的なオンラインゲームで求められるそれぞれのインターネット速度は以下のとおりです。

  • ダウンロード速度:20 Mbps以上 (理想 100 Mbps以上)
  • アップロード速度:5 Mbps以上 (理想 30Mbps以上)
  • PING値:50 ms以下 (理想 15ms以下) 
  • JITTER:10 ms以下 (理想 2ms以下)

あなたのネット回線速度はいかがでしたでしょうか。

ちなみに回線速度の計測サイトで測定されるPING値とJITTER値はほとんど参考になりません。この2つの値はサーバーとの物理的な距離に依存するからです。サーバーがお住まいの近隣地域に設置されているオンラインゲームもあれば、アメリカや中国に設置されているものもあります。そのためこの2つの値は測定サイトとゲームでは全く異なる値になるのです。

もちろん新しいゲームが出るたびに画質や音楽の質が上がっていき、求められるゲームのインターネット速度は上がっていきます。しかし現時点ではこれらの基準を満たすことが出来れば大抵のオンラインゲームは問題なくプレイできるでしょう。

 オンラインゲーム おすすめ ネット速度 

 

ネット回線を変えずに速度を向上、安定させる方法

お使いのインターネット速度の測定値が遅かった場合、すぐに回線を変える前にいくつか試してみることがあります。特に自宅でWi-Fiルーターを使っているユーザーであれば以下のことを行ってみてください。

  • ゲームを行うデバイスをWi-Fiから有線接続に変える
  • クラウドストレージなどバックグラウンドで実行されるソフトを停止する
  • ゲームをするデバイス以外の機器(スマホやタブレット、スマートウォッチなど)からの同じネット接続を停止する
  • ゲーム内で複数サーバーから選べる場合は居住地に近いサーバーに切り替える

ゲーム インターネット 有線接続

インターネットの速度を向上させ、安定させるためにまずできることは、有線接続にすることです。Wi-Fi接続や4G、5G接続の場合、障害物や天候などにより速度が安定しないことが多く、おすすめできません。

また互いに接続を共有しているデバイスやアプリなどを停止するだけでもゲームの速度は十分に向上させられる可能性があります。PCゲームの場合、Razer Cortex: Game Boosterのようにすぐに他ソフトをまとめて一時停止させるソフトもありますので、ゲームをする際には使用してみましょう。

また、オンラインゲームではサーバーが選べることがよくあります。「〇〇人は乱暴だから別のサーバーにしよう。」という気持ちもわかりますが、居住地から離れたサーバーを利用することはPING値などを悪化させ、パフォーマンスを低下させる原因となってしまいますのでご注意ください。

 

おすすめの回線は?

どうしても速度が遅く、回線やプロバイダの変更を希望される方はソニーの子会社が提供するNURO光をおすすめします。

NURO光はダウンロード速度が最高2Gbps(2,000Mbps)と現行の光回線で再速級の回線の一つです。またプロバイダに由来するの回線の安定性にも定評があり、ゲームに最適なネット回線と言えるでしょう。

NURO光ではご自宅の電気料金やガス料金をNUROに切り替えることで毎月割引が発生し、さらにスマホがソフトバンクユーザーであればさらに割引を受けることが出来ます。たとえ割引がない場合でも下り最大2Gbpsの回線では、かなり安い価格で提供されており、コスパの意味でもおすすめです。

0件のコメント

コメントを残す