【片手キーボードを買うべき人は?】ゲームでのメリットや選び方などを詳しく解説 – Gaming Zebra


【片手キーボードを買うべき人は?】ゲームでのメリットや選び方などを詳しく解説

投稿者 : GamingZebraスタッフ on

近年PCやスマホゲーマーが増えてきたため、片手キーボードの需要も増えてきています。

しかし、その名前を聞いたことがあっても、使ったり見たりしことがないユーザーが大半です。実際片手キーボードはゲームをするための必須アイテムではありません。しかし、使用することでプレイの質を高めたり高いコストパフォーマンスでゲーミング環境をセットアップするなど、確かなメリットがあります。

今回は片手キーボードについてそのメリットや選び方などを解説していきます。

 

片手キーボードとは

「片手ゲーミングキーボード」は、「左手デバイス」とも呼ばれるPCやスマホの周辺機器の1つです。その名の通り、キーボードの片手(左手)で使う部分だけを切り取ったもので、大きさはフルサイズキーボードのほぼ半分です。

主にPCゲームでは右手にマウス、左手にキーボードを操作します。そして左手で操作するキーはキーボードの左側だけを使うことが多いため、このような形として誕生しました。

 

片手キーボードのメリット

PCを操作するためにはフルサイズのキーボードとマウスが必要です。これからゲーミングPCを購入するゲーマー以外のほぼ全員が、フルサイズのキーボードを持っているはずです。しかしなぜ、あえて片手キーボードを別に購入するのでしょうか。それは以下の3つの大きなメリットがあるからです。

  • コストパフォーマンスが高い
  • スペースを有効活用できる
  • カスタマイズ性に優れる

この3点について少し詳しく解説します。

 

コストパフォーマンスが高い

片手キーボードは同じ構造のフルサイズキーボードよりも安価のことが特徴です。

キーボードにこだわるゲーマーの多くはメカニカルキーボードを選びます。しかしフルサイズのメカニカルキーボードは価格が高く、手が出にくいという欠点があります。そのため「フルサイズの安価なメンブレン式キーボード」と、「ハーフサイズのメカニカル式キーボード」を同時持ちしたほうが、安く抑えられる場合があるのです。

メカニカルキーボードとは

個人的におすすめなのは「無線タイプのフルサイズキーボード」と、「有線タイプのメカニカル式片手キーボード」を同時持ちすることです。そうすることでゲーム中にフルサイズのキーボードをデスク外に収納しておくことが出来るようになります。

 

またゲームでは特に「W/A/S/D」や「Shift」キーなどの特定のキーばかりが何回も押されることが多いです。そのため通常のタイピングよりもキーが壊れやすく、キーボードを買い換える機会が多いのも事実です。

壊れたときに買い換えることを考えても、ゲームでは片手キーボードを使うことがコスパの高い買い物と言えるのです。当然、メカニカル式の片手キーボードであればキー単体でも交換が可能です。

 

スペースを有効活用できる

これは詳しく説明するまでもありませんが、ゲーム中にフルサイズキーボードを収納して片手キーボードを使うことで、キーボードのスペースが半分で済みますね。それにより、デスクスペースを広く使うことが出来るのです。

低DPIのマウスを大きく動かしながら正確に照準を合わせることも出来ますし、飲み物やマイク、スマホなど別のものを置くスペースに使うことも出来ます。

 

カスタマイズ性に優れる

片手キーボードの種類にもよりますが、ゲーム用の片手キーボードの多くはカスタマイズ性に優れています

例えばいくつかのマクロキーを搭載し、複数のコマンドを1つのボタンにまとめることが出来るものがあります。それによりゲームをより効率よくプレイすることが可能になります。

メカニカル式の片手キーボードであれば軸色を自分好みに選ぶことが出来ますし、複数の色を選べるバックライトが付属しているものもあります。また取外し可能なリストレスト(手首置き)が付属しているものが多いのも特徴です。

このようにゲームを効率よくプレイしたり、環境を整えるためのカスタマイズが多いのが多くの片手キーボードのメリットです。

 

片手キーボードのデメリット

片手キーボードにも短所があります。最大のデメリットは「キーボードを多用するゲームで使えない」ことです。

例えば、自由度の高いゲームであるFalloutやCyberpunk 2077のようなゲームでは、初期設定で「I」や「M」、「F9」などキーボードの右側まで使う多くのショートカットキーがあります。これらは片手キーボードのキーに集めてもすべて対応できないほどの量です。またプログラムや文字入力が多いようなゲームでも同様です。このようなゲームで片手キーボードを使うと、ややプレイの効率が落ちる場合があるのです。

もちろん、片手キーボードのキーによく使うショートカットだけを集めれば通常のプレイに問題はありませんが、集めすぎると間違って押してしまう確率も増えてしまいますので注意が必要です。

逆に戦闘メインのように何かに特化したゲーム、例えばApex Legendsなどは片手キーボードで十分対応できます。

 

 

片手ゲーミングキーボードは誰が購入するべきか?

ここまで片手キーボードについて分かってきたところで、どんなゲーマーがこれを使うべきかを考えてみましょう。

私が考える適したユーザーは以下のような方です。

  • 安くメカニカルキーボードを使いたい人
  • ノートパソコンでゲームをする人
  • スマホでFPSなどの複雑な操作があるゲームをする人
  • デスクを広く使いたい人

以上の4つのうち1つでも当てはまれば、あなたは片手キーボードを使ったほうが良いのかもしれません。

 

 

 

片手キーボードの選び方

現在ではゲーム用の片手キーボードには多くの種類が販売されています。好みや使い方によって選ぶ基準が変わるため、片手キーボードを選ぶ際に「これが必須」というものはありません。しかし、より自分にあったものを選ぶために以下のポイントをしっかりと決めて商品を選ぶようにしましょう。

  • キーボードの種類:メカニカル式かメンブレン式か
  • (メカニカル式の場合)軸色:どのような打鍵感がいいか
  • マクロキー:ゲームでよく使う可能性があるか
  • バックライト:自分好みの色に光るか、消せるかなど

 

人気の片手キーボード

GamingZebraにて販売中の人気の片手キーボードをご紹介します。

他にも色々片手キーボード

 

関連ブログ

  • ゲーミングマウスにおけるDPIの役割を解説
    ゲーミングマウスにおけるDPIの役割を解説

    新しいゲーミングマウスを検討する際、デザインだけでなく機能性も必要ですね。 多くの商品に記載されているのはDPIだったり解像度だったりします。仕様を比較する場合、遭遇する最も一般的な仕様の1つは、マウスの感度を表す一般的な基準である「...

  • ゲーミングPCの各パーツの役割と重要度を解説|初心者向け
    ゲーミングPCの各パーツの役割と重要度を解説|初心者向け

    ゲーミングPCが欲しいとき、販売しているPCのスペックを見ても正直良くわかりませんよね。特にPC自体に関して精通していない人にとって、ゲーミングPCのスペック(パーツ)は無駄に英語が多い上に、何を見て決めればいいのかよくわかりません。...

  • それぞれのメリット|デスクトップPCとノートPCどちらを買うべきか?
    それぞれのメリット|デスクトップPCとノートPCどちらを買うべきか?

    パソコンの購入を考えているときに「デスクトップPCとノートPCのどちらがいいのか?」と悩むことがあります。それに対するベストなアドバイスは、「あなたが何をしたいか」によって変わってきます。なぜなら、それぞれに明確な長所と短所があるから...

0件のコメント

コメントを残す